AGAにチャップアップって使えるのだろうか?

最近はAGAの専門外来も増えていますから、こういった病院での治療を検討しているかもしれません。
ですが、通院するとなると費用だけではなく時間もかかるので、できるだけ自宅でAGA対策をしたいという方も少なくないでしょう。
そんなAGAセルフケアタイプの方に人気なのがチャップアップです。

AGAは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結合することで生成される、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンによって引き起こされます
ジヒドロテストステロンには、皮脂の分泌量が増加させたり、発毛のスイッチをオフにしてしまう働きがあります。
皮脂が過剰分泌されると、頭皮環境が悪化して血行が悪くなり、髪の育成に必要な栄養素が行き渡りません。
また、毛穴にも皮脂汚れが詰まってしまい、炎症が起こることで髪の成長が妨げられます。
当然ですが、発毛のスイッチがオフになると、毛乳頭細胞の分裂が滞るため髪が伸びなくなってしまいます。

 

チャップアップには、センブリエキスやグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCという3つの有効成分が配合されています
センブリエキスは、毛根組織を刺激して血行を促進する働きがあります。
血液の流れがスムーズになると栄養が行き渡るので、毛乳頭細胞の分裂が活性化されて髪が成長します。
グリチルリチン酸とジフェンヒドラミンHCには抗炎症作用がありますから、炎症が起きている頭皮環境を改善して、髪が成長できる頭皮へと整えてくれます。
また、こういった有効成分に加え、天然由来の植物成分を47種類も配合しています。
これらの成分は、センブリエキスなどの働きをしっかりサポートするという役割があります。
このように、AGAの原因にアプローチして状態を改善する効果が期待できる有効成分が入っているので、チャップアップはAGAの改善に効果的なのですね。

 

インターネットなどで調べると、AGAはセルフケアでは改善できないという情報もあったりしますね。
ですが、改善が難しいAGAであっても、抜け毛が引き起こされる状態を変えてあげれば、また髪の毛を増やすことも可能です。
チャップアップは、AGAに関わっている医師も高評価をつけている育毛剤ですから、疑うよりもまずは始めてみてその効果を自分の髪で実感してみてください。

2017年4月21日 AGAにチャップアップって使えるのだろうか? はコメントを受け付けていません。 未分類